婚礼和装専門ショップ fujimasa WEDDING

厳島神社 結婚式
ITSUKUSHIMA
広島市内 神社式
SHRINE WED
フォトウェディング
PHOTO WED
お披露目会場
WED SPACE
色打掛
KIMONO
fujimasa
WEDDING
無料 資料請求
お問合せ
HOME
INDEX





fujimasa WEDDINGは、広島市内の護国神社、比治山神社の衣裳指定店です。
広島市内 宮島島内のお披露目 披露宴会場を無料で紹介いたしております。


【 取扱い衣裳 】
・十二単・束帯 ・白無垢 ・色打掛 ・振袖 ・引き振袖 ・紋服 ・留袖
・訪問着・附下 ・中振袖 ・卒業袴 ・モーニング・Wスーツ等
県外発送も行っていますのでお気軽にどうぞ。 MAIL fujimasa@hiroshimawedding.com


fujimasa WEDDING  (フジマサ ウエディング )
貸衣裳店 藤政
広島県広島市南区出汐4丁目2-10 田坂ビル1F TEL 082−254−0666
営業時間 9:00〜17:00 ( 定休日 第1火曜日 ・ 毎週水曜日)




fujimasa WEDDING shop.
スタイリッシュモダンなお店でこれからの衣裳をご提案。


落ち着ける雰囲気の店内。
お二人の希望のウエディングを叶えます。
挙式、衣裳のこと、お披露目会場のこと、お気軽にどうぞ。



人気の宮島挙式 広島市内神社 有名ホテル 旅館 料亭
世界遺産 厳島神社、広島市内神社挙式が人気を集めています。
fujimasaWEDDINGは、お店の歴史もあり、経験豊富で厳島神社挙式も数多く手がけております。
広島市内をはじめ東京・横浜から結婚式を挙げにこられる方のお披露目会場・衣裳のご相談を多くお受けいたしております。
これからのお二人の挙式のこと、衣裳のこと、美容着付、お披露目・会食会場のこと、お気軽にご相談ください。
(ご相談は無料です!)

花嫁衣裳のセレクトショップ 婚礼衣裳 fujimasa WEDDING
宮島厳島神社、広島護国神社、比治山神社結婚式をお考えの方に是非着ていただきたい花嫁衣裳が揃っています。
十二単・白無垢・色打掛 和装なら広島でも品質の確かな衣裳揃えです。
宮島、広島市内で人気の披露宴会場紹介・着付け・婚礼写真も無料でご案内いたしております。


宮島挙式 広島市内神社 有名ホテル 旅館 料亭 レストラン ガーデンパーティー
お二人が希望するスタイルが一番。
挙式のみ、会食のみ、写真のみ・・・
お2人だけ、親族だけ、仲の良い有人だけ・・・
お二人のご希望・ご予算に合せてのウエディングもご提案できます。


成人式振袖 卒業袴
成人式振袖特別セット・卒業袴も豊富です。藤政の衣裳はどこよりも豊富に取り揃えております。
衣裳のグレードをご納得いくまで何度もご試着いただき、記念日にお召しいただくのが私どもの生きがいとしております。






打ち掛け
江戸時代、女性の最大の出世は、大奥に入り<打ち掛けを纏う>身分になることであったらしい。
大奥で権力を持った女性たちの打ち掛けは徐々に華美に優雅になって行き、世界に例を見ない
素晴らしい『服飾文化』が花開きましたのもこの時代です。

本来のお嫁入り衣装と云う物は、結納の時にお婿さん方から「白絹」を納め、お嫁さん方では挙式まで
の数月間で染め揚げたり、縫い箔刺繍を施したりして、豪華に仕あげて、それを纏ってお嫁入りしたもの。

重ね着(十二単)
世界の服飾の歴史を見ると「重ね着の」歴史の様な気がします。
元々,重ね着は<富>の象徴であったようです。『沢山持っている物を見せる為に着る』
重ね着は現代でも[お洒落]です、その重ね着の頂点にあるのが『十二単』でしょう。
十二単と言っても12枚重ねる訳ではありません。6枚重ねて着ます。
前の合わせているところが12枚に見えるから『十二単』と呼ばれています。
日本人は千年も昔から、一枚一枚手で紡いで,織って、染めて、縫って一枚の服を作る。
日本文化の底深さは凄いのです。十二単には、帯は原則一本です。
六枚を重ねてその摩擦で折り合っています。いちばん上に重しの様な形で1本の帯で止めてあります。
案外着苦しくは無いようです。

藤政の『十二単』はお婿さん用の『束帯』もセットになっています。
むろん「お垂髪(おすべらかし、カツラの事)」も手に持つ「檜扇(ひおうぎ)」ぜーんぶセットです。


重ね着(打掛)
打掛は掻い取り(かいどり)とも言い、裲襠とも書きます。
帯を締めた上に打ち掛けて着るからこの名前がつきました。
桃山期以降の風俗ですが現在では婚礼衣装として残っております。帯を締めた着物の上に着るから、これも重ね着です。
明治期以降、婚礼衣装となってから絢爛豪華になりました。着物の織る技法、染める技法、刺繍技法、
縫う技法など究極の着物です。
日本は<絹>の国です。その織り方も多様に変化をしました。その織られた布は、着物文化の粋とも言われています。
※本文の一部または全部の無断引用・転載はご遠慮ください。







6ヶ月前ぐらいまでに
式場の予約は、特に結婚式の多い春秋を希望するなら1年前から予約をしておけば安心です。
土日や大安・友引にも予約が集中するので、逆に平日・仏滅などは予約も取りやすく披露宴会場も割引などの
プランもあります。特に厳島神社で神前式をご希望の方は厳島神社が全国的にも知名度があり人気ですので、特別早めに予約が必要です。
会場・式場選びの前には、必ず両家の親とも相談して、日取り・挙式のスタイル・予算・人数を決めておきましょう。
それらをふまえた上で、式場を絞りこみ下見をして、見積もりを出してもらうのがおすすめです。
また、迷ったときなどは仮予約をして、両親の意見も聞きながら検討しましょう。(会場では予約金が必要な場合もあるので注意が必要です。)
会場が決定したら、式場と連絡を取って契約日を決め、内金を納めると予約完了です。
式場が決まったら、次に結納です。
結納には、[ 正式な形と][会食で済ませる略式] など、今では多様なスタイルがあります。

3ヶ月前ぐらい
式場の次に早めに準備したいのが衣装ですね。3ヶ月前ぐらいに衣装を準備しましょう。
レンタルや、既製品の購入では3ヶ月前ぐらいからの準備で良いのですが、オーダーメイドでは半年ぐらいかかるものもあり、ご注意。
○ 衣装選びの前に決めておきたいのは、お色直しの回数・順番と希望する衣装のイメージ・予算です。
 ( レンタル衣装も価格もいろいろ。じっくり見比べて納得して自分に映える衣装をアドバイスのもと選びましょう。)
○ 式場に衣装の持ち込みができるか(持込の場合、持込料金が発生するのか)を確認することも大事です。
○ 衣装が決まったら、それに合わせたアクセサリーや靴・小物を準備しましょう。
○ 持込の場合、当店が持込料を負担させて頂きますので安心してご予約できます。
○ 花嫁衣装が決まったら、お両親様やご親戚の衣裳の手配も忘れずに。花嫁衣裳とセットで割引がございます。


1ヶ月前ぐらい
引き出物のご注文
引き出物のお申し込みと発注をしましょう。
商品によっては20日程度前でも可能な物もございます。

ゲストの方の美容着付リスト作り
当日の出席者で美容着付・へアセット・メイクの必要な方のリストを作成しましょう。
いただいたお人数で美容師を手配いたします。当日に着付者の多少の増減があっても構いませんので予めのお人数を把握しておければ幸いです。


2〜3週間前
席次表の校正、本印刷
挙式・ご披露宴参列者の調整とご披露宴『席次表』の作成をしましょう。
御席の配置、肩書きを確認し席次表を下刷り、校正確認、本印刷と進めてまいります。
引き出物リスト作成
引き出物リストの提出をしていただきます。


挙式、ご披露宴決定日から本番までたくさんの事を決めたり、まとめたりしなくてはなりません。
正確な人数が確定してから動き始めるのではなく、おおよその数で先に会場などを仮に抑えてからその後調整をして行く方が失敗しないコツです。




fujimasa WEDDING
貸衣裳店 藤政

広島県広島市南区出汐4丁目2-10 田坂ビル1F TEL082−254−0666
営業時間 9:00〜17:00 ( 定休日 第1火曜日 ・ 毎週水曜日) インターネット問合せ 24時間受付